空撮事例のご紹介

当社が行った空撮事例のいくつかをご紹介します。

企業商品紹介PV空撮、編集

移動被写体の追従撮影、及び水上撮影となるため、当社撮影難易度レベル5となります。

結婚式PV空撮、編集

航空法に基づく人口密集地上空及び地上の人や物から30m以上の距離が取られてない動画撮影であるため、当社撮影難易度レベル3となります。

イベント空撮①

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取られてない撮影であると同時に高速移動する被写体に対し複雑なドローン機動が伴う撮影となり、当社撮影難易度レベル5となります。
※第三者(イベント関係者以外)との一定距離の離隔が取れない場合は撮影をお断りする場合があります。
トリコローレ会場の雰囲気を空撮
ドローンで撮影した集合写真

イベント空撮②

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取れない空撮となるため、当社撮影難易度レベル4となります。
※第三者(イベント関係者以外)との一定距離の離隔が取れない場合は撮影をお断りする場合があります。

イベント空撮③

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取られてない撮影であると同時に移動する被写体の撮影となり、当社撮影難易度レベル4+となります。
※第三者(イベント関係者以外)との一定距離の離隔が取れない場合は撮影をお断りする場合があります。

糸島半島の空撮

イベント空撮④

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取られてない撮影であると同時に移動する被写体の撮影となり、当社撮影難易度レベル4+となります。
※第三者(イベント関係者以外)との一定距離の離隔が取れない場合は撮影をお断りする場合があります。

PV素材空撮

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取られてない撮影であると同時に高速移動する被写体に対し複雑なドローン機動が伴う撮影となり、当社撮影難易度レベル5となります。

住宅紹介PV空撮

航空法に基づき地上の人や物から30m以上の距離が取られてない撮影であると同時に狭所飛行となり、当社撮影難易度レベル3+となります。

久留米市内の空撮
筑後川の空撮

景観空撮

 航空法に基づき人口密集地上空からの静止した被写体の撮影となり、当社撮影難易度レベル2となります。

建設工事現場空撮
造成現場空撮
住宅工事現場空撮

土木・建設工事進捗空撮

航空法に抵触するケースは少なく当社難易度レベルは付きませんが、高高度撮影(150m以上)を行う場合は管轄空港務所の許可承認事項となり、当社撮影難易度レベルは2以上となります。

太陽光パネル赤外線空撮
ソーラーパネルサーモグラフィ

ソーラーパネル点検空撮

 赤外線カメラ搭載ドローンを使用する空撮となるため、別途費用となります。